水商売の賃貸に関する情報が満載!

水商売不可の賃貸物件が多い現実

水商売不可の賃貸物件が多い現実 賃貸で部屋を借りる際には、入居審査がありますが、年収や職業などで、審査に落ちてしまうことがあります。
年収は、希望する部屋の家賃と見合っているかどうかを審査します。
職業は、水商売など、生活時間帯のトラブルを懸念されることも多いため、入居できない場合も少なくありません。
また、家賃が高い都心のエリアに住んでいる人も多く、家賃の延滞トラブルをおこしてしまい、建物自体が水商売不可になってしまうこともあります。
このように、現実では水商売勤務の人が、希望する賃貸物件に入居するのは、難しいといえます。
また、同じ水商売であっても、クラブやキャバクラ、風俗、ホストなどによっても、審査の度合いが異なり、給与明細の提出がほとんど問題ない場合には、審査に通ることもあり、クラブ勤務をしている場合でも、確定申告をしていると、いっそう審査に通りやすくなります。
現実的には、入居がむずかしいといえますが、繁華街周辺の物件なら、募集をしているところも少なくありません。
また、営業マンによって、しっかりと探してくれるかが違ってきますから、信頼できる営業マンをみつけることも大事です。
営業マンによって、家賃や初期費用などの交渉の相談にのってくれる場合もありますから、見極める必要があります。

水商売でも職業や性別で賃貸審査の度合もかわってくる

水商売でも職業や性別で賃貸審査の度合もかわってくる あくまでも応対した不動産会社の裁量によって異なりますが、審査の度合が変わってくることがあります。
水商売といってもいろんな職種があります。
キャバクラやクラブであったとしても、高級から大衆向けのお店もあり、そのような違いによって審査に対する度合が異なってくることを知っておきましょう。
水商売のなかでも信頼に値する職種があります。
それが高級と名が付く場所になります。
また夜のお仕事で風俗産業に勤めている人は、なかなか理解を得られないことも多いです。
夜の仕事をしていることで人間性を測ることは決してできませんが、他の住民との生活スタイルがまったく異なることからトラブルも生まれやすく、それを不動産会社やオーナーが嫌うことで審査に落とされてしまうこともあります。
一般的に高級と名が付く水商売の人は、一般的なマナーがなければ仕事になりませんので、賃貸審査にもこのようなことが影響すると考えられています。
また性別についても言及しておく必要があります。
たとえばオーナーの女性とボーイとして働いている男性、どちらが賃貸審査に通過しやすくなるのかといえば、前者になるでしょう。
このように職種と性別を組み合わせて判断することになりますので、性別が審査に特別な影響を与えるわけではありません。

水商売向けの賃貸関連リンク

水商売や風俗勤務の方の為の賃貸・お部屋探し

水商売 賃貸